本文へスキップします。

  • 魅力がたくさん詰まってる。資料請求
  • オープンキャンパスの申し込み
  • 社会人説明会の申し込み

ニュース ニュース

RSS配信  

2017/12/06【歯科】学生

歯科保健指導2度目の感動!


歯科衛生学科 2年 小川ほのかです。

 本校に入学するまでは、手話という言語に触れることなく生活していました。
授業で手話を学ぶうちに、手話が少し出来るようになり聾唖者の方について、
もっと知りたいと思うようになりました。

今回、媒体を自作し集団指導を担当することになり、
今までとは違う「何かを伝えたい」という気持ちで原稿内容を考えました。

今回の歯科保健指導実習で一番感じたことは、
『言葉が通じる』は『信頼につながる』ということです。

私たちが1年かけて学んだ手話の数は少しですが、
挨拶と名前を手話でするだけで、笑顔になってくれる姿を見て感動しました。

手話が分からない言葉は、口形や身振りで伝えると理解してもらえ、
嬉しくて、どんな方法でも、意志の疎通が図れることは、素敵なことだと思いました。
今回の歯科保健指導の体験は、私の感性を変えてくれる良い経験になりました。

また、聾学校の児童・生徒さんより感想が届き、2度目の感動を頂き感謝しています。
「目標に向かって頑張ろう」と思えた応援メッセージでした。

ありがとうございました。