本文へスキップします。

  • 魅力がたくさん詰まってる。資料請求
  • オープンキャンパスの申し込み
  • 社会人説明会の申し込み

先輩の声 学科紹介

朝日医療大学校>学科紹介>学科紹介>言語聴覚学科>学科紹介>プロフェッショナルインタビュー

icon 経験豊富な専門家と提携 学生&卒業生の今と未来 professionals

プロフェッショナルにインタビューPROFESSIONAL INTERVIEW

  • 言語聴覚士
    野田 心先生

    臨床力を身に付けることが重要です。

    医療法人 明芳会 佐藤病院

    リハビリテーション科チーフ
    言語聴覚士

    野田 心先生

    医療従事者にとって大きなハードルは、国家試験の合格と臨床実習を無事に終えること。臨床実習は、病院や福祉機関などの臨床場面で患者さまの評価や治療を見学・実施することが中心となります。基礎医学的知識や専門知識はもちろん、会話技能、観察力や洞察力、評価レポートをまとめる力などが求められます。
    私自身も臨床実習では、レポート作成や担当させて頂いた患者さまの評価プログラムの立案など戸惑ってばかりでした。 今年で言語聴覚士になって17年目になりましたが、臨床実習での経験が今の自分の基礎になっていると改めて思うことがたくさんあります。2年間という短期間で多くのことを学ばなければなりませんが、一緒に「治療できるセラピスト」になれるように頑張っていきましょう!!

  • 言語聴覚士
    河﨑 崇史さん

    新たな言語聴覚士の誕生に期待。

    総合ケアサービス 株式会社 創心會長

    執行役員 支援本部
    人事広報担当

    河﨑 崇史さん

    言語聴覚士の業務領域である「話す、聞く、食べる」ことに障害を持った方は年々増加しているといわれます。 私ども創心会は“心に添った本物ケアで心豊かな生活を創造すること”を基本理念とし、日々業務にあたっておりますが、患者さまの中にも、ことばによるコミュニケーションや嚥下に問題がある方がいらっしゃいます。 今後の事業展開として、言語聴覚士が関わる分野にも力を注ぎ、社会復帰をお手伝いし自分らしい生活ができるよう支援してまいりたいと考えております。高齢化社会を迎え、言語聴覚士のニーズは今後ますます高まってくると思われます。地域社会に貢献し信頼される言語聴覚士の皆さまが羽ばたかれる事を期待しております。