本文へスキップします。

  • 魅力がたくさん詰まってる。資料請求
  • オープンキャンパスの申し込み
  • 社会人説明会の申し込み

大学校について 大学校について

建学の精神・教育理念

建学の精神
原点は人、伝えたい技術とこころ

実践的な職業教育を通じて有為な人材を養い
仁術と慈愛に満ちた人に優しい社会人を育む



朝日医療学園 創設者

本徳 義明
教育理念

人の痛みや苦しみを分かち合える
豊かな心を育てる。
他の専門職とも連携し、
専門知識と技術を学び続ける姿勢を育てる。
地域・社会で必要とされる広い視野を持ち、
自らの役割と責任を担える医療人を育てる。

ご挨拶

朝日医療大学校 学校長 柚木 脩

朝日医療大学校 学校長

柚木 脩
本物の人材育成

2017年度、朝日医療大学校は新しく看護学科を新設し、6学科で構成される県下初の総合医療大学校として再出発します。これからの医療現場には、能力を備えた人材、自らの勤労を重んじ地域社会に貢献できる人材が求められます。

“人をつくり 人につくす”

これが本学の人材育成スローガンです。本物の人材育成を目指します。「医のプロフェッション」とは、専門知識や技術を患者さんの求めに応じて、責任を持って活用しながら治療し、その貢献した結果として社会から報酬を得ることが出来る医療人と定義されます。ただし、国の定めた教育課程(専門学校等)を修了し、国家試験に合格しなくてはなりません。そこで初めて医療人の仲間入りです。

本学の国家試験対策は、時代を読み、合格へと導くように創意工夫し、始まりは入学前教育から、さらに入学後から国試へと綿密に編成しています。社会に出て実践経験を積んで初めて、先輩たちと同じように“人につくす”という真の「医のプロフェッション」になれます。その準備として、在学中から実習地との連携のもとに臨地・臨床実習を推進します。さらに、卒業して就職した後も現場と連携し、お互いに、社会に貢献できる環境作りを推進します。その結果として、「地域から受け入れられ且つ地域包括ケアに貢献できる本物の医療人を輩出したい」というのが本校の目標です。